カルビってどこの部位にあるの?

焼肉のカルビはどこの部分?

牛肉の部位イラスト

焼肉で人気があるカルビですが、正式には牛の部位を表す言葉ではありません。

 

カルビとは、もともと韓国語であばら(肋骨)を意味する言葉ですが、そこから、肋骨周りについている「ばら肉」を称してカルビ肉と呼ばれるようになったのです。

 

このばら肉(=カルビ肉)は、牛の部位の中でも大きな部分を占めており、「肩ばら(前ばら)」と「ともばら」の部位に分かれ、場所によって、肉質と味わいが大きく異なります。


牛ばら肉の種類と特徴

肩ばら

ばら肉のうち、肩に近い部分を肩ばら(別名ブリスケ)と言います。
脂と赤身が交互におりなった3枚肉ですが、良く動く箇所なので、全体的には筋肉が太くなっており、キメが粗く硬いお肉です。

 

三角ばら

肩ばらの中にある部位ですが、例外的に柔らかいのが三角バラです。
肋骨の前部1/3(第1〜第6肋骨)についている肉で、サシが入り大変美味しい部位です。
1頭(約600kg)から1kg程度しか取れない希少部位の為、焼肉屋では上カルビ、特上カルビとして販売されることが多いです。

 

ともばら

ばら肉のうち、後ろ足に近い方をともばらと言います。
牛肉の部位のうち、一番多くとれる部位であり、焼肉では、並カルビとして売られるケースが多いです。

 

ゲタ

ともばらの中で、肋骨と肋骨の間にある肉のことをゲタと呼びます。
いわゆる「中落カルビ」と呼ばれる部分です。
骨に近いため、コクがある濃厚な味わいです。

 

カイノミ

ともばらの中で、後ろ足に近い部分をカイノミと言います。
形状が「二枚貝の身」に似ているため、カイノミと呼ばれています。
ヒレに近い場所であり、適度な脂がのりつつも、あっさりした味です。

 

 

 

→ カルビ肉 和牛・国産牛・輸入牛 の味くらべ

 

 

関連ページ

ハラミ肉の特徴
ハラミはどこの部分か知っていますか?赤身でコクのある味わいが特徴で、かつ低カロリーですので焼肉ダイエットにも向いています。そんなハラミ焼肉の美味しい食べ方を紹介します。
ホルモンの特徴
ホルモンはどこの部分か知っていますか?ジューシーな脂がのっているのに意外と低カロリーでヘルシーです。そんなホルモンの美味しい選び方を紹介します。