ハラミってどこの場所の肉?

焼肉のハラミはどこの部分?

ハラミ肉を焼いている画像

焼肉で人気のハラミは、肺を動かす横隔膜の筋肉です。
肺と付随して出荷されることが多いので、肉の分類としては、内臓肉の扱いです。

 

常に動いている部位ですので、筋肉が発達し、赤身肉と比べると歯ごたえがあり、食べ応えのあるお肉です。

 

ハラミは、その場所によって2種類に分けられます。
ハラミサガリです。
ハラミは、肺を囲うように左右の周りについている筋肉です。
サガリとは、真ん中にぶら下がるようについている筋肉です。

 

また、ハラミとサガリをあわせてハラミと総称することもあります。

 

1頭の牛から取れる量ですが、ハラミは肺の周りに左右に付いている部位ですので、右側、左側の2本、サガリは1本と、あわせて約2〜3Kgしかとれません。
希少な部位なのです。

 

 


ハラミの食べ方

1頭から取れる量が少ないため、和牛のハラミはあまり出回っていません。
市場に出回っているのは、ほとんど外国産か、雑種牛のものです。

 

内臓肉ですし、独特なクセがありますので、タレに漬けて、しっかり焼いて食べるのがいいでしょう。
ただ上質なハラミは、肉厚で適度に霜が入り、濃厚な味わいです。
もしそんなハラミに出会ったら、塩で本来の味を楽しみながら食べるのがおすすめです。

 

希少な和牛ハラミ

 

ハラミのカロリー

<牛肉部位の100g当りのカロリー>

・カルビ 約520キロカロリー
・リブロース 約470キロカロリー
・肩ロース 約420キロカロリー
・ハラミ 約340キロカロリー

 

カルビやロースに比べるとカロリーが低く、ヘルシーです。
高たんぱく低カロリーですので、焼肉ダイエットにおすすめです。

 

関連ページ

カルビ肉の特徴
焼肉の定番 カルビはどこの部分か知っていますか?同じカルビでも部位によって味が大きく変わるのです。美味しいカルビの特徴を説明します。
ホルモンの特徴
ホルモンはどこの部分か知っていますか?ジューシーな脂がのっているのに意外と低カロリーでヘルシーです。そんなホルモンの美味しい選び方を紹介します。