焼く前にひと手間、もみダレの上手な漬け方

肉を漬ける時間

肉をもみダレに漬ける時間は、肉の質・好みによって変わります。
あっさりと食べたいときは、当然漬ける時間は短くなりますが、
肉質によっても、漬ける時間は異なってきます。

 

一般的に、

・赤身系の肉→長め(半日〜1日)

 

・脂がのった肉→短め(1時間〜3時間)

がいいと思います。

 

また果実が入っている下ダレは、肉を柔らかくする効果があります。

・固い肉→長め(半日〜1日)

 

・柔らかい肉→短め(半日〜1日)

を目安に考えていけばいいでしょう。

 

あくまでも好みですので、色いろ試しながら、自分のベストの漬け時間を探してみてください。

実際に漬けてみました

 

肉の漬け方

実際に漬けてみたので、画像で紹介します。
今回の肉は、脂が充分に乗ったロース肉です。
肉自体がこってりとしていますので、今回は短めの漬け時間で、
あっさりと仕上げようと思います。

 

 

肉の漬け方

紹介したもみダレを肉に掛けます。
掛ける量は、肉が軽くもみダレに浸るくらいでいいと思います。

 

 

 

 

肉の漬け方

肉にまんべんなくもみダレを漬け、浸した状態です。
このまま冷蔵庫で漬け込みます。
今回は2時間漬けてみます。

 

 

 

 

 

肉の漬け方

肉の漬け方

ちょうど2時間漬けた状態です。
裏返してみると、色が黒くなって、もみダレに漬かっているのがわかりますか?

 

 

 

 

 

漬込む肉は、こちらがおすすめです。
私もよく利用するお得なセットですよ。


おすすめ1A4・A5等級のみ 黒毛和牛1kg保証焼肉福袋
カルビ、ロース、三筋・・焼肉用の部位が揃った国産牛お得セットです。A4・5ランクならではの霜降りで、箱を開けたとたんにテンション上がりますよ。(写真をご覧ください)

 

おすすめ2A4・A5等級のみ黒毛和牛切り落とし1kg
最上級の和牛がこの値段。切り落しならではのお得価格です。すき焼きでも美味しいですが、我が家では、サッとあぶった焼肉で食べます。

 

関連ページ

上手な肉の解凍方法
肉汁(ドリップ)をあまり出さない、凍った肉の上手な解凍法、「氷水解凍法」を紹介します。
もみだれの作り方
美味しい下味をつけると味がぐっと深くなります。また肉も柔らかくなり、一石二鳥です。そんな美味しいもみだれの作り方を紹介します。