タイミングが重要!タンの美味しい焼き方

タンの焼き方

牛タンの焼き方を紹介します。

 

タンを焼いている画像1

牛タンをプレートの上に乗せます。
プレートは充分に熱せられていることを確認して下さい。
ハシを肉に触る回数は、@「乗せるとき」、A「返すとき」、B「食べるとき」の3回です。

 

 

 

 

 

 

タンを焼いている画像2

薄い牛タンは、鉄板の上に乗せただけで、すぐ色が変わります。
表面に肉汁が浮き出し、周りの部分に火が通り、色が変わったらひっくり返すタイミングです。

 

 

 

 

 

 

 

タンを焼いている画像3

ひっくり返す時に、肉を引きずるようにすることがポイントです。
引きずることにより脂が肉になじみ、風味が増します。

 

 

 

 

 

 

 

 

タンを焼いている画像4

ひっくり返して、10秒程度たてば食べごろです。
味付けがされていない牛タンは、このひっくり返した面に塩をパラパラ振って下さい。
薄目に切っているタンは、すぐに火が通りますので、返すタイミングが大事です。
焼き過ぎないように注意して下さい。

 

 

 

 

 

関連ページ

焼き方のポイント
焼肉の焼き方のポイント説明です。よくプレートを温めることと、焼きハシを使い分けること、肉汁をこぼさないように焼くことが大事です。
肉汁をこぼさない焼き方
焼肉で肉汁をできるだけこぼさないように食べるためには、焼いているときに出来るだけ肉に触らないことがポイントです。
焼肉の美味しい温度
焼肉を美味しく食べるには、肉の内部の温度を、脂が溶ける50度以上に温めることが大事です。旨味エキスが溶けだし、口いっぱいに肉汁がひろがります。
カルビ・ロースの焼き方
カルビ・ロースの脂がのった肉の焼き方を紹介します。
美味しい炭火焼肉
ガスで焼くよりも、炭火で焼いた方が、美味しく焼けると言われています。その理由と美味しく焼くポイントを紹介します。