肉をどのくらい用意すればいい?

焼肉の1人前の分量

焼肉のお店に食べにいって、一人前として出される分量は、だいたい80〜100gです。
これは何かの基準があって決まっているわけではなく、お店によってバラバラの分量となっています。

 

ちなみに、昔は1人前100gと決まっていたみたいです。
それが安価な焼肉チェーン店が増えてきてから、一人前の分量をだんだん少なくなってきて、今はだいたい80〜100g程度に落ち着いてきているとのことです。

 

また、同じお店でも、肉の種類によって、分量は当然変えてきています。
よくあるパターンだと、牛赤身肉→1人前80g、豚肉→1人前100gみたいに、原価が高い肉は少な目、安価な肉は多めみたいな盛り方をしているお店が多いみたいですね。
要するに、焼肉店での1人前は、お店が勝手に決めている1人前であって、お客さんがお腹いっぱいになる1人前とは全然別もの ということです。

 

 

家焼肉で用意する肉の量

では家で焼肉を作るとき、用意する量ですが、

 

・成人男性:300g
・成人女性:200g

 

を目安にご用意されるといいでしょう。

 

同じ肉でも、ステーキやハンバーグだと、200g程度あれば結構お腹いっぱいになりますよね。
でも焼肉の場合は、脂が落ちますし、だいたい男性で300g程度の分量が平均みたいです。

 

もちろん食べ方によっても変わってきます。
白米といっしょにガッツリ食べるときは、もっと少な目の分量でいいでしょうし、お酒のつまみとして、食べていくのなら、多めの量を用意した方がいいかもしれません。



 

関連ページ

国産牛と和牛のちがい
スーパーのパッケージに表記されている「国産牛」と「和牛」のちがいを説明します。似たように思えて全然違うのです。
焼肉の栄養
牛肉にはタンパク質、鉄分といった身体をつくるのに重要な栄養が豊富にあります。更に脳を健康にする重要な栄養分もあるのです。
牛肉の格付
A5ランクとは、牛肉の格付を表します。この格付は、「歩留等級」と「肉質等級」の組合せによって決まってくるのです。